民事再生手続きのしくみ

民事再生は、弁護士に無料相談で企業や自身の負債や借金について、そして民事再生を希望していることを相談後に民事再生の手続きに入ります。多くの弁護士事務所では民事再生の手続きを弁護士が行ってくださりますが、民事再生希望の依頼者もどのような流れになっているのか知っておきましょう。

民事再生の依頼をいただいたら当日か翌日にはすぐに弁護士介入通知と呼ばれるものを依頼者が借り入れしている各賃金業者に発送して取り立てと返済を止めます。その後、賃金業者から取引の履歴開示をお願いしたうえで上限金利に基づく計算をして借金総額を確定します。また、この時点で過払い金が発生している場合は過払い金請求ができます。

負債総額、借金総額が確定された後に和解案と呼ばれる返済期間及び月々の返済額等について書かれたものを作成して、賃金業者に提示を行います。この提示は依頼者に確認と承諾がされたうえで行われるそうです。そのため、依頼者自身も返済期間と月々の返済額に同意できるものかしっかり判断する必要があります。賃金業者の和解交渉が成立されると、弁護士が合意書の作成をした後に、支払いがはじまります。この支払が完済すると民事再生の手続きが終了して借金の悩みから抜け出せます。

弁護士に相談をするだけで依頼者の味方として全面的にサポートしてくださります。少しでも気になった方は、まずは無料相談サービスで弁護士の方に民事再生について紹介してもらいましょう。